アクセスカウンター

Message

ご挨拶

少子高齢化と核家族化が進む本邦では年々救急搬送症例が増加し、救命救急医の社会的なニーズが高まっています。救急・災害現場や医療機関での多種多様で生死を脅かす救急症例をふたつ返事で引き受け、迅速に診断と初期治療を正確にこなす救命救急医。私たちはそんな救急医、そして救急医になりたい若手医師・医学生を広く求めています。

当院救急センターでは、2002年の開院当初から救急患者に24時間365日対応する地域中核病院として最善・最良の医療を提供できるよう救急医療体制を整えてまいりました。
2015年4月からは救急科専門医3名体制となり、ほぼすべての救急搬送症例の初期診療を救急医が担当し、『断らない救急医療』が実現できました。2015年度4月の救急車応需率は95%で、一般の救命センターと比較してもトップレベル。2015年度は八王子市内NO.1の救急車受入数でした。また八王子市内はもちろん多摩地区・県外からたらい回しされた受け入れ困難症例も積極的に受け入れ、多摩地域の中核救急医療施設としての地位を確立してきました。現在当救急センターは2次救急医療機関ですが、『2.5次・2.8次』と呼ばれる一般の救急医療施設では応需しにくいたらい回し・重症疾患の診療にも取り組んでいます。

救命救急科はERにおける初期診療はもちろん、外科・内科・脳神経外科・整形外科・精神科など単一の診療科では対応できない患者様を積極的に入院させ、ICUやハイケアユニット(HCU)で集中治療に全力を注いでいます。多発外傷・熱傷・薬物中毒・原因不明なショック・外科処置が必要な重症感染症など、多診療科にまたがる複雑な疾病に柔軟に対応できる診療チームは東京都には非常に少なく、近隣の医療機関や県外からの転院症例も増加しています。今後も更なる体制の充実を図り、地域の皆さんが安心・安全に暮らせるよう日々努力してまいります。

八王子は新宿まで電車または車で35-40分と都心にも近く、奥多摩や高尾山、山梨・長野などの景勝の地に隣接した大変恵まれた環境にあります。2014年には圏央道が開通し、湘南海岸や箱根・そして埼玉や群馬へのアクセスも格段に改善しました。まさに八王子は勉強にも、レジャーにも最高の場所といえるでしょう。東京都で唯一の中核市である八王子市の人口は約58万で、うち学生が10万人を占める非常に『若い街』です。また近隣の町田市・多摩市・日野市・稲城市を含めた南多摩医療圏の人口は140万人以上で東京都第2位の人口を誇ります。しかし人口の割に救急専門医療施設は少ないため、短期間で多彩な救急症例を数多く経験することが可能です。また当院から車で45分の距離にある神奈川県伊勢原市の東海大学医学部付属病院高度救命救急センターは、全国に先駆けて本邦ではじめてドクター・ヘリシステムが導入された病院です。このため伊勢原の高度救命救急センターとのローテート研修により、ドクター・ヘリでの現場出動を経験することも可能です。このような環境で救急医学のスペシャリストを目指して本格的に勉強したいと考えている医学生・研修医は大歓迎です。また他科よりの転科・転向を考えている方はいつでもご連絡ください。臨床研修医、研究員、救急救命士の実習なども幅広く受け入れております。

最後に、救命救急医療は究極のチーム医療です。医師以外にも、救急医療に特化した看護師・救急救命士のサポートが不可欠です。救急医療に興味のある看護師・救急救命士を幅広く受け入れ、3次救命救急センター化を目指し共に築きあげる「仲間」を大募集しています。ご興味なる方は、お気軽にご連絡ください。

東海大学医学部付属八王子病院 救急センター長
井上 茂亮


中央自動車道・八王子バイパスに隣接する東海大学医学部付属病院