アクセスカウンター

ER & ICU

ER    ICU

ER(救急初期診療室)


ERは救急搬送された患者さんの初期診療を行う場所です。救急隊が患者さんを搬送してくると、すぐに医療スタッフがストレッチャーを取り囲み、患者さんに声をかけて状態を確認しながら手際よく初期処置を進めます。救急救命医が患者さんの状態を迅速に診断し、救急救命士、看護師と共にチームで初期治療にあたります。救急医療チームには、互いの専門知識・技術を信頼し、常に情報を共有できる体制が必要です。その点、当センターのチームワークは万全で、常に密接に連携しながら各々のスキルを100% 発揮できる環境といえます。ERにはレントゲン室・CT室・MRI室が隣接しており、24時間体制で迅速な画像診断が可能です。


  専門的な治療が必要と判断した場合は、すぐに各専門医と連携し、病気または外傷に対する手術や治療へと移行します。当院の循環器センター、脳卒中・神経センターには各領域の専門医が数多く揃っており、心筋梗塞や脳卒中などの超急性期の血管障害に対して、血栓溶解療法や血管内治療などの最新治療を迅速に行える体制が整備されています。また、小児の二次救急医療では、小児科専門医が常時待機していますので、多種多様な救急患者さんの治療に万全な体制で臨むことができます。

救命救急科はERにおける初期診療はもちろん、外科・内科・脳神経外科・整形外科・精神科など単一の診療科では対応できない患者様を積極的に入院させ、ICUやハイケアユニット(HCU)で集中治療に全力を注いでいます。多発外傷・熱傷・薬物中毒・原因不明なショック・外科処置が必要な重症感染症など、多診療科にまたがる複雑な疾病にも柔軟に対応していることも大きな特徴です。

ICU(集中治療室)